「路地美学」は毓繡美術館準備室によって企画されました。道路に沿って、コーナーを回れば、無意識のうちにアーティストが空間環境の特性で爆発した想像や巧みなアイデアを発見することができます。このように点から面への広がりは、山村の平林を独特な芸術村に造り上げました。

 

 

路地美学マップ

 

 

 


 

アトラクション 1
游文富 雪景色 羽毛と竹(2013年、撤去済み)

 

 

張子晴と吳旻華 高く聳えた境界 アクリル絵の具とドリフトウッド (2014年、撤去済み)

 

 

張欣穎と平林小学校の学生たち 鳥居 木

 

 


 

アトラクション 2
事務室

 

 


 

アトラクション 3
徐子涵 カラーボールの遊び跡 アクリルとペンキ

 

 


 

アトラクション 4
許慶福 石彫の群れ 石

 

 


 

アトラクション 5
柯適中 トカゲのゲーム モザイク

 

 


 

アトラクション 6
林善述 雲を見る 焼き物

 

 


 

アトラクション 7
平林の村民 平林物語屋 撮影

 

 


 

アトラクション 8
邱君婷 一つの素晴らしい白昼夢 アクリル

 

 


 

アトラクション 9
王振瑋 森のサイクル ドリフトウッドとアクリル絵の具(2013年-2014年、撤去済み)

 

 

王振瑋 活力(ライチ)アクリル絵の具とライチの木

 

 


 

アトラクション 10
石晉華 「X本の菩提木」第+029号 菩提木と玄武岩

 

 


 

アトラクション 11
劉柏村 鋼鉄人 鋼鉄

 

 


 

アトラクション 12
毓繡美術館パーク(2015年に正式にオープンします)

 

︿